ロンドン

【コロナ禍体験談】外国人配偶者とロンドンから日本に帰国する話

コロナ記事
エイゴリラ
エイゴリラ
イギリスで日本の配偶者ビザを取得し,コロナ制限の中,国際結婚カップルで日本に移住します。

前提(夫婦の状況)

私たちは日本人と香港人の夫婦です。仕事の都合で2年間ロンドンに駐在,2021年3月に任期を終えて帰国予定。会社の都合で夫婦揃って日本に帰国する必要があります。

配偶者は「日本人の配偶者ビザ」を持っていますが,帰国前に失効します。これはロンドンに赴任する前から分かっていたことで,元々はビザなしの短期滞在で日本に入国し,その後国内でビザ申請手続きを行う予定でしたが,コロナでビザなしの外国人は日本に入国できなくなってしまいました

というわけで,イギリスで日本人の配偶者ビザを新規取得してから帰国の手配をする事になりました。

夫婦両方とも海外にいる状況,かつコロナ禍でビザを新たに取得し,日本に引っ越しするのはレアな体験なので,詳細にレポートしたいと思います!

エイゴリラ
エイゴリラ
手続きめんどくさい。

日本の水際対策

新規にビザを取得して来日する外国人配偶者は,「新規に入国する外国人」かつ,「日本人の配偶者」なので,入国拒否の対象には当たりません

2020年12月現在,私たち夫婦に影響する日本側の入国制限は以下のとおりです。

  • 外国人は現地出国72時間前以内に「出国前検査」を受け,入国時に「陰性証明書」を提出する。(陽性の場合は入国できない。そもそもイギリスから出国できない。)
  • 入国後,日本人も外国人も空港で抗原検査を受け,結果が出るまで空港内など指定の場所で待機する。
  • 陰性の場合は公共交通機関を利用しないでホテルなどで2週間自己隔離をする。
  • 陽性の場合は保健所の指示に従う(どうなるか全く分からない・・・)。

2021年1月現在,イギリスから入国する場合は外国人だけでなく日本人も出国72時間前の陰性証明が必要になりました。

出典:
新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る上陸拒否について - 令和2年11月1日現在
新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る上陸拒否について - 令和3年1月13日現在
外国人の入国・再入国に係る出国前検査証明について - 令和2年11月30日現在
水際対策の抜本的強化に関するQ&A - 令和2年11月17日時点版

2020年11月 準備スタート

帰国に受けて情報収集を開始。

在英日本大使館に夫婦の状況を上述の通り説明しました。大使館職員のアドバイスを受け,イギリスで新規に配偶者ビザを取得する事になりました。

日本ではビザの有効期限が切れる3ヶ月前から「ビザの延長」手続きを行うことができますが,在外公館では「ビザの新規発行」しかできません

1人の外国人にビザを2つ発行することはできないので,既に有効なビザを持っている場合,そのビザが失効した後に新しいビザを申請する必要があります。
(2020年10月,在英大使館と入国管理局に確認)

スポンサーリンク

2020年12月上旬 入国管理局に証明書を申請

在英大使館でビザを申請する際に提出が必要な書類の一つに「在留資格認定証明書」があります。これは日本国内の入国管理局に出向いて申請し,発行してもらう書類です。

本来(日本人配偶者が日本国内にいる場合),日本人配偶者が入国管理局に出向いて,申請書を提出します。ただし,私たちのように夫婦揃って海外在住の場合,日本人配偶者の親族に代理で申請してもらうことができます

自分たちで必要書類を準備し,日本人配偶者の両親に入国管理局まで行ってもらいました。窓口は平日の9時ー16時しか開いてないので,わざわざ仕事を休んでもらいました。

エイゴリラ
エイゴリラ
今時,ネットで(少なくとも郵送で)申請できないとかアリエネェ・・・

必要書類

在留資格認定証明書交付申請(日本人の配偶者)に必要な書類が羅列されています。用紙のダウンロードも可能です。

しかし,私のケースのように夫婦が海外在住で,日本人配偶者の親族が申請代理人になる場合,書類準備時に注意が必要です↓

  • 在留資格認定証明書交付申請書 ×1
  • 写真(縦4cm×横3cm) ×1
  • 申請代理人の戸籍謄本(全部事項証明書) ×1
  • 申請人の機関から発行された結婚証明書 ×1
    提出できない場合は、理由書を用意。
  • 申請代理人の住民税の課税証明書及び納税証明書 ×1
  • 配偶者(日本人)の身元保証書 ×1
    住所は現在の居住地(海外)を記載
  • 申請代理人の世帯全員の記載のある住民票の写し ×1
  • 質問書 ×1
    (夫婦の馴れ初めなどを説明するもの)
  • スナップ写真 ×3
  • 返信用封筒
  • 夫婦の戸籍謄本 ×1
  • (念のため)申請人のパスポートの写し ×1

約3週間で発行

上述の書類を一式用意し,日本人配偶者の親族に,入国管理局まで行ってもらいました。2020年12月4日に申請したところ,12月25日に発行された証明書が親族の住所に届きました。

入管のウェブサイトにも記載されていますが,申請から発行まで通常1ヶ月から3ヶ月かかるそうです。コロナ禍の中ですが早めに仕事してくれて助かりました。

発行された「在留資格認定証明書」は大使館でのビザ申請や,実際に日本に入国する際に必要になるので,海外の住居までEMSなどで郵送してもらいます。

2021年1月中旬 在英日本大使館でビザを申請

コロナ禍の影響で,大使館に行く前にオンラインでアポを取得する必要があります。

アポイントは大使館のHPから取得できます。

配偶者ビザに必要な書類はこちらにあります。特に難しいことはないので指示に従って作成すればOKです。

1月20日のアポを取り,大使館に申請書を提出しに行きました。

窓口では書類の不備がないか確認するだけで,私たちの場合,1/25以降に受け取りのアポを取得ように言われました。

問題発生!

1/26に受け取りのアポを取得しました。書類は全て揃えていたので,何語もなく受け取れる想定で楽しみに待っていたのですが,前日に大問題が発生しました。大使館の職員から電話があり・・・

「本日,東京から指示が入り,〇〇さんの配偶者ビザを発行できなくなりました。」

ゴリ美
ゴリ美
・・・・・・・・は?

大使館職員に詳しく聞いてみると,国内でのコロナの感染拡大を抑えられていないことを受け,しばらくの間は新規ビザの発行を停止し外国人の入国を制限するよう,内閣官邸からの命令が出ているとのことでした。

エイゴリラ
エイゴリラ
支持率もかなり下がっているし,ただの批判対策ですね(怒

ただし,配偶者ビザの発行が必要な「真にやむを得ない事情」があれば配偶者ビザを発行してもらえる可能性も残っているとのことでした。そのため,1/27に,「真にやむを得ない事情」を大使館にメールで説明し,今はその回答を待っている状況です。

外務省のHPにもこの件についての記者会見の記録が掲載されていました。
吉田外務報道官会見記録(令和3年1月27日(水曜日)15時47分 於:本省会見室)

エイゴリラ
エイゴリラ
↑今はここまで。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です