シーン解説

Friends(フレンズ)シーン解説 #108 「Yoko」

シーン解説108の画像
エイゴリラ
エイゴリラ
Friends(フレンズ)1-10のマックスのセリフの「Yoko」について解説します。

Friends(フレンズ)シーン解説「Yoko」

一人でミンスクに行くことを決めたマックスが,デイビットに別れを告げに来たシーンです。
※英語字幕の出典はFriends The One With the Monkey (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

フィービー
フィービー

Hi, Max!

マックス
マックス

Yoko. I’ve decided to go to Minsk without you.

やあヨーコ。お前抜きでミンスクに行くことにしたよ。

デイビット
デイビット

Wow.

マックス
マックス

It won’t be the same- but it’ll still be Minsk. Happy New Year.

予定通りにはいかないだろうけど,それでもミンスクだ。ハッピーニューイヤー。

フィービー
フィービー

You’re going to Minsk.

ミンスクに行きなよ。

デイビット
デイビット

No, I’m… not going to Minsk.

フィービー
フィービー

Oh, you are so going to Minsk. You belong in Minsk. You can’t stay here just ‘cause of me.

だめよ。ミンスクに行って。あなたはミンスクにいるべきよ。私のためにここに残るなんてダメ。

デイビット
デイビット

Yes I can. Because if I go it means I have to break up with you, and I can’t break up with you.

ここに残るさ。もし俺がミンスクに行くなら君と別れるってことだ。俺は別れたくない。

フィービー
フィービー

Oh yes, yes, yes you can. Just say, um, ‘Phoebe, my work is my life and that’s what I have to do right now’. And I say ‘your work?! Your work?! How can you say that?!’.

Yes,Yes,別れればいいじゃない。「フィービー,仕事が俺の人生だ,今は仕事をやらなきゃ」って言って。そしたら私が「仕事!?どうしてそんなこと言えるの!?」って言うから。

And then you say, um, ‘it’s tearing me apart, but I have no choice. Can’t you understand that?’. And I say ‘no! No! I can’t understand that!’.

そしたらあなたは「引き裂かれるように苦しいけど,こうするしかないんだ。どうして理解してくれない?」って。そしたら私は「No!No!私には分からない!」って言うわ。

Yokoとは?

Friends1-10の画像出典:Friends The One With the Monkey (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

デイビットはフィービーに惚れてしまったため,ミンスクには行かずにニューヨークに残りたいと思っています。元々デイビットと二人でミンスクに行くつもりだったマックスは,憎しみを込めてフィービーをYokoと呼びました。このYokoはジョン・レノンの奥さんであるオノ・ヨーコのことです。

オノ・ヨーコのせいでビートルズが解散したと言う噂もあります。「オノ・ヨーコがビートルズを壊したように,お前がデイビットと俺の仲を壊したんだ」とマックスは言いたいわけですね。

フィービーの一人芝居が典型的なラブコメっぽくて面白いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です