シーン解説

Friends(フレンズ)シーン解説 #71 「The foot of the bed」

シーン解説71の画像
エイゴリラ
エイゴリラ
Friends(フレンズ)1-7のレイチェルのセリフの「The foot of the bed」について解説します。

Friends(フレンズ)シーン解説「The foot of the bed」

停電の中,今までにエッチをしたことのある一番変な場所について話しているシーンです。
※英語字幕の出典はFriends The One With the Blackout (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

フィービー
フィービー

Oh, Rachel.

次,レイチェルね。

レイチェル
レイチェル

Oh come on, I already went.

ちょっと,私もう言ったわ。

モニカ
モニカ

You did not go!

まだよ!

全員
全員

Come on.

レイチェル
レイチェル

Oh, alright. The weirdest place would have to be… (sigh)… oh, the foot of the bed.

あー,いいわ。今までで一番変な場所は・・・ベッドの足の方。

ロス
ロス

Step back.

みんな下がりたまえ。

ジョーイ
ジョーイ

We have a winner!

ここに勝者あり!

The foot of the bedとは?

Friends1-7の画像出典:Friends The One With the Blackout (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

The foot of the bedとは,ベッドフレームの脚ではなく,「ベッドに寝るときに足を置く側」という意味です。

レイチェルにとっての一番変な場所が「ベッドの足側の方」ということは,普段は「ベッドの頭側の方」でしかエッチしない,ということですね。

他の仲間が,ビリヤード台や,図書館のトイレ,ディズニーランドと,変な場所で経験したことを暴露しているのに,レイチェルは一番つまらない答えを言っていますが,そこがまた面白いポイントです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です