シーン解説

Friends(フレンズ)シーン解説 #68 「Rabbi Tribbiani」

シーン解説68の画像
エイゴリラ
エイゴリラ
Friends(フレンズ)1-7のロスのセリフの「Rabbi Tribbiani」について解説します。

Friends(フレンズ)シーン解説「Rabbi Tribbiani」

NY中が停電になった夜,ジョーイが巨大なキャンドルを持ってきたシーンです。
※英語字幕の出典はFriends The One With the Blackout (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

ジョーイ
ジョーイ

Hi everyone.

やあみんな。

ロス
ロス

And officiating at tonight’s blackout, is Rabbi Tribbiani.

そして,今夜の停電を取り仕切るのは,トリビアーニ神父です。

ジョーイ
ジョーイ

Well, Chandler’s old roommate was Jewish, and these are the only candles we have, so… Happy Hanukah, everyone.

えーと,チャンドラーの昔のルームメイトがユダヤ教徒で,うちにはこのキャンドルしかないんだ。じゃあ・・・みなさん,ハッピーハヌカ。

Rabbi Tribbianiとは?

Friends1-7の画像出典:Friends The One With the Blackout (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

Rabbiとは「ユダヤ教の聖職者」のことで,ジョーイが持ってきた大きな燭台は「メノーラー」と呼ばれる,ユダヤ教のシンボルとも言えるものです。

ちなみに6人の中で,モニカとロスはユダヤ教徒という設定です。

また,ジョーイのセリフにある「ハヌカ」はユダヤ教のお祭りで,キリスト教でいうクリスマスのようなものと説明されることもあります。

詳しいサイトを見つけたので興味があれば↓
日本イスラエル親善協会ーユダヤ教のお祭「ハヌカ」って何?(外部サイト)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です