シーン解説

Friends(フレンズ)シーン解説 #22 「Giant karmic debt」

シーン解説22の画像
エイゴリラ
エイゴリラ
Friends(フレンズ)1-3のフィービーのセリフ「Giant karmic debt」について解説します。

Friends(フレンズ)シーン解説「Giant karmic debt」

自分の銀行口座に多く入っていた500ドルの使い方について6人が話しているシーンです。
※英語字幕の出典はFriends The One With the Thumb (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

フィービー
フィービー

It’s not mine, I didn’t earn it, if I kept it, it would be like stealing.

私のじゃないわ。私が稼いだわけじゃないのに,もらっちゃったら盗んだみたいよ。

レイチェル
レイチェル

Yeah, but if you spent it, it would be like shopping!

でも使っちゃえばショッピングみたい!

フィービー
フィービー

Okay. Okay, let’s say I bought a really great pair of shoes. Do you know what I’d hear, with every step I took? ‘Not-mine. Not-mine. Not-mine.’ And even if I was happy, okay, and, and skipping- ‘Not-not-mine, not-not-mine, not-not-mine, not-not-mine’…

OKOK。じゃあ私がこのお金でかなり素敵なブーツを買ったとするでしょ?歩く度にどんな音が聞こえると思う?「私のじゃない,私のじゃない,私のじゃない」って。もし私がハッピーでスキップでもしたら「私のじゃない-ない,私のじゃない-ない,私のじゃない-ない」って・・・

モニカ
モニカ

We’re with you. We got it.

そういうことね。分かったわ。

フィービー
フィービー

Okay. I’d- just- I’d never be able to enjoy it. It would be like this giant karmic debt.

OK。ただ,楽しむとは絶対できないわ。巨大な見返りがありそうだし。

※各キャラクターの画像はFriends(フレンズ)より引用しています。

Giant karmic debtとは?

Friends1-3の画像出典:Friends The One With the Thumb (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

Giant karmic debtを直訳すると「巨大なカルマの借金」となります。

仏教・ヒンドゥー教の「カルマ」は本来は「業,行い」と言う意味ですが,因果応報,良い行いをすると自分にも良いことが返ってくる、悪い行いをすると自分にも悪いことが起きるという文脈で使われます。

人の金を使ってしまうと巨大な悪い見返りが返ってくるかもしれない,と心配するフィービーです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です