シーン解説

Friends(フレンズ)シーン解説 #53 「Cocktails in Appalachia」

シーン解説53の画像
エイゴリラ
エイゴリラ
Friends(フレンズ)1-5のモニカのセリフの「Cocktails in Appalachia」について解説します。

Friends(フレンズ)シーン解説「Cocktails in Appalachia」

ボブとアンジェラのカップルのような振る舞いに疑いを持ったモニカが,ジョーイを問い詰めるシーンです。
※英語字幕の出典はFriends The One With the East German Laundry Detergent (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

モニカ
モニカ

Um, I’ve got something in my eye, uh, Joey, could we check it in the light, please?

ジョーイ,目に何か入ったみたい。ライトの下で見てもらえる?

モニカ
モニカ

Oh my god.

ジョーイ
ジョーイ

What?

モニカ
モニカ

Hello! Were we at the same table? It’s like… cocktails in Appalachia.

何言ってんの!同じテーブルにいたでしょ?・・・まるでアパラチア山脈のカクテルじゃない。

ジョーイ
ジョーイ

Come on, they’re close.

どうしたんだろ,あいつらは仲良いだけだろ。

モニカ
モニカ

Close? She’s got her tongue in his ear.

仲がいい?彼女,彼の耳に舌を入れてたわ。

※各キャラクターの画像はFriends(フレンズ)より引用しています。

Cocktails in Appalachiaとは?

Friends1-5の画像出典:Friends The One With the East German Laundry Detergent (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

モニカのセリフCocktails in Appalachia(アパラチア山脈のカクテル)を解説します。

アパラチア山脈周辺には,肌の青いファゲイト族と呼ばれる一族が生活しています。ヘモグロビンの異常で血液が通常より暗く,肌が青く見えるという遺伝子の病気を持った人が,同族内の結婚・出産を繰り返したため,その一族の多くが青い肌を持って生まれたようです。

ボブとアンジェラを兄妹だと思い込んでいるモニカは,ラブラブな二人の様子を見て,「近親相姦を繰り返してるアパラチア山脈のファゲイト族が,兄妹でカクテルを飲んでるみたいじゃない」とジョークを交えつつジョーイを責めているシーンです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です