シーン解説

Friends(フレンズ)シーン解説 #107 「Blonde planet with a pocketbook」

シーン解説107の画像
エイゴリラ
エイゴリラ
Friends(フレンズ)1-10のレイチェルのセリフの「Blonde planet with a pocketbook」について解説します。

Friends(フレンズ)シーン解説「Blonde planet with a pocketbook」

大晦日のパーティーに,ボロボロのレイチェルが突然やってきたシーンです。
※英語字幕の出典はFriends The One With the Monkey (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

モニカ
モニカ

Oh my gosh! Rachel, honey.. are you okay? Where-where’s Paolo?

オーマイゴッド!レイチェル・・・大丈夫?パウロはどこ?

レイチェル
レイチェル

Rome. Jerk missed his flight.

ローマよ。あのバカ,飛行機乗り遅れたって。

フィービー
フィービー

And then… your face is exploded?

そしたら・・・あなたの顔が爆発したの?

レイチェル
レイチェル

No. Okay. I was at the airport, getting into a cab, when this woman- this blonde planet with a pocketbook- starts yelling at me. Something about how it was her cab first. And then the next thing I know she just starts- starts pulling me out by my hair!

NO,OK,私が空港でタクシーに乗ろうとしたときに,あの女,ハンドバッグを持った金髪惑星デブが私に叫んだの。彼女が先に乗ろうとしてたとかどうとか。そしたら私の髪を引っ張ってタクシーから出そうとしてきたの。

So I’m blowing my attack whistle thingy and three more cabs show up, and as I’m going to get into a cab she tackles me. And I hit my head on the curb and cut my lip on my whistle…

それで,私は防犯ホイッスルを吹いて,他に3台タクシーが来たの。それに乗ろうとしたときに,そいつにタックルされて。で,私は縁石に頭を打って,ホイッスルで唇を切って・・・

oh…everybody having fun at the party? Are people eating my dip?

ああ・・・みんなパーティ楽しんでる?みんな私が作ったディップ食べてるの?

Blonde planet with a pocketbookとは?

Friends1-10の画像出典:Friends The One With the Monkey (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

Blonde planet with a pocketbookは空港でレイチェルに突然攻撃してきた女性のことを指しています。blondeは「ブロンド,金髪」,pocketbookは「肩紐のないショルダーバッグ」のことです。planetは「惑星」ですが,ここでレイチェルは嫌味を込めて「惑星みたいに丸いデブ」と言っています。和訳では「惑星デブ」としてみました。

日本で肥満をいじるときは「ブタ」とか,そのまま「デブ」って言うのが普通だと思いますが,アメリカでは「惑星デブ」と言ったりするみたいです・・・デカさのスケールが違いますね笑

attack whistleは防犯用のホイッスルのことです。日本では防犯ブザーが一般的ですね。

レイチェルの最後のセリフAre people eating my dip?ですが,レイチェルは空港に行く前に,パーティー参加者のためディップを作ったようです。このシーンの少し前に,ジャニスがI love this artichoke thing.と発言してるので,レイチェルが作ったのはアーティチョーク(チョウセンアザミ)のディップだと思います↓ チップやトーストをつけて食べると美味しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です