シーン解説

Friends(フレンズ)シーン解説 #99 「A certain acoustic advantage」

シーン解説99の画像
エイゴリラ
エイゴリラ
Friends(フレンズ)1-9のロスのセリフの「A certain acoustic advantage」について解説します。

Friends(フレンズ)シーン解説「A certain acoustic advantage」

ロスがお腹の中の赤ちゃんに話しかけるために,キャロルを訪れているシーンです。
※英語字幕の出典はFriends The One Where Underdog Gets Away (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

キャロル
キャロル

Anytime you’re ready.

準備ができたらいつでもどうぞ。

ロス
ロス

Ok, ok, here we go. Ok, where am I talking to, here? I mean, uh, well, there is one way that seems to offer a certain acoustic advantage, but…

OKOK,いくぞ。俺どこに話しかけたらいいんだ?つまり・・・確かに音響が良さそうな通路が一つあるけど・・・

キャロル
キャロル

Just aim for the bump.

出っ張ってるところに狙うだけよ。

ロス
ロス

Ok, ok, ok, ok, here goes. You know, I, you know, can’t do this. Uh, this is too weird. I feel stupid.

OKOK,いくぞ。ねえ,やっぱりできない。これ変過ぎる。馬鹿みたいだ。

キャロル
キャロル

So don’t do it, it’s fine. You don’t have to do it just because Susan does it.

じゃあやらなきゃいいじゃない。別にいいわよ。スーザンがやるからってあんたもやる必要はないし。

ロス
ロス

Hello, baby. Hello, hello.

ハロー赤ちゃん,ハロ〜ハロ〜

A certain acoustic advantageとは?

Friends1-9の画像出典:Friends The One Where Underdog Gets Away (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

これが下ネタ(?)と分かりましたでしょうか?

ロスは初めてお腹に向かって話しかける訳ですが,中の赤ちゃんに声を届けるにはどこに話しかければ分からずにいます。

One way offers a certain acoustic advantageを直訳すると,「確実な音響の有利さを提供できる一つの通り道」です。お腹の中の赤ちゃんまで音が聞こえそうな一つの通り道といえば・・・ロスの言いたいことがもう分かりますね笑

ふざけてるロスの表情とキャロルの呆れ顔の対比が面白いです笑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です